水を熱分解してH2生成する温度

昨今、健康志向が広く蔓延し色んな面でこだわりを持ち、いち早く情報を入手し流行を機敏に取り入れている方も多いことでしょう。ちまたで人気を博すH2を用いた、hydrogen waterもそのひとつですが、そのH2を水から熱分解して生成するにはかなりの超高温の温度で熱しなければ生成出来ないことはご存知でしょうか?なんとその温度3500度以上に上るというので驚きです。近年、低温でのH2生成技術方法も発表されましたが400度と高く一般家庭では到底作られない技術なことはお分かりでしょう。そこで、水にこだわりをもちhydrogen waterに興味のある方は商品開発された自分に合う好みのものを見つけるか、販売されている専用生成機械を使って日常生活に上手に取り入れてみましょう。

非常に高温な状態が必要な水分解

水は、基本的に分解するには4,000℃以上の温度が必要とされているが、鉄の融点でさえ1,538°Cなので一般的に考えて難しい話です。しかし、現在では海外から輸入する原油や天然ガスに加え電気に比べて、比較的貯蔵し易く効率の良い水素の需要が高まっています。その為、天然ガスの主成分メタンガスやグラッシーカーボンと酸化イリジウムを電気分解に変わるオキシ・ナイトライド系、オキシ・サルファイド系、フルオロ・オキシ・ナイトライド系の光触媒を用いた太陽光線による方法や電子取り出す為の高性能マンガン触媒などの開発がされています。

水と分解についての情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 水の分解する温度について All rights reserved